私が子供の頃、貨本と呼ばれたA5版雑誌が数多く貨本屋の棚に並んでいた。
 当時、全くと言っていいほど興味も無く借りる事も無かった雑誌である。しかし、高校生になり手塚治虫氏の作品に魅せられて昔の漫画を無性に読みたくなり、そして集めたくなったのである。

『炎』第2集 昭和34年発行 手塚治虫作品『ハリケーンZ』『漫画大学』掲載
画像で破れに見えるのはイラストの演出。中々洒落た『画』である。
         
 他の貸し本雑誌も何点か貨本屋でタダ同然に購入していたが、スクラップしてしまい雑誌の形で手元に残っているのは・・・この『炎』第2集だけである。真に残念。

 幸運にも手元に残っている切抜きを何点か紹介しよう。

 
かなりの染みが・・・汗。でも年代を感じてしまう。


 その他、手塚治虫原作の切り抜き紹介。

 
 

手塚キャラがぞくぞくと・・・・

 『絵』がとても素晴らしい。中でも、ロック少年に色気さえ感じてしまう。
此れほどの画を描ける漫画家は当時としても大変珍しいと密かに思っている。


TOP