幻藏の独り言

幻藏の独り言 2002 が原因不明のエラーで第二段を作成しました。


2002.12/29
 
次々とサイトでの落札及び注文したコミックが届いた。
 振り返ると、昨年の今頃はダイアモンドコミックを中心にサイトでの注文を立て続けに行っていた事を思い出す。
 今年はと言うと、鈴木出版の手塚治虫漫画選集を精力的に収集している。うーん・・・暫くはこの状態が続くのかな〜。
 しかし、出物としては中々難しい分類である。全25巻揃えるのは、至難の業だ。恐らく、『ロック冒険記』全1巻は根気よく待ち続けなくては手に入らない幻の単行本になるだろう。何時の日か・・・

***「Yhooオークション」・・・
 
鈴木出版 手塚治虫漫画選集『宇宙空港』 全1巻 9350円
                   『黒い宇宙線』 全1巻 カバー無 4000円

 何と、手塚作品で初めて落札に競り勝った。嬉しいな〜。「宇宙空港」は、恐らく「ロック冒険記」に次ぐ入手困難な単行本と思われるので落札して「ホッ!!」としている。カバー付でそこそこ保存状態も年代を考えると合格である。「黒い宇宙線」は、カバー無で全体的に草臥れている。しかし、この値段なら妥当と考えなくては・・・。

***「じゃんくまうす店」サイト
 
鈴木出版 手塚治虫漫画選集『キャプテンケン』 全3巻 18000円
                    『虹のとりで』 全1巻 カバー無 5000円
 光文社 手塚治虫漫画全集『黄金のトランク』 A カバーコピー 6000円
 奇想天外文庫        『すっぽん物語』 全1巻 600円
   以上の1割引
 サイトに確認して倉庫から探してもらった単行本である。「キャプテンケン」は、カバーが日焼けと疲労で痛々しいのでショーケースには、カバーを外して並べる事にする。「虹のとりで」は、カバー無。しかも、背表紙の上3p程欠損・・・状態最悪・・・うーん、今回初めて入手したコミックで心が痛んだ。でも巡り巡って私の処へたどり着いたと思うと大切にしてあげなくては。
 
 此れで、全25巻中18巻収集した事になる。後の残すところは7冊・・・焦らず、楽しみながら頑張っていこう。
 今年も、残すところ後僅か。こと、漫画収集に至っては、素敵で凄い1年だったなぁぁぁ。しみじみ・・・


2002.12/19
 ホームページ・ビルダー6が言う事を聞かず破壊活動を始めた為、暫く更新が出来なかった。
 ロゴを作成中、文字が逆さになり、しかも反転状態の状態。エラーが頻繁に起こって最後には、ページを再起不能にしたのである。げに恐ろしや・・
 その為、今回驚く無かれ初めてソフト(ビルダー7)を購入したのである。パソコンもメモリー増設以外、全くいじっていないのである。そんな事もあり、新鮮な気持ちでワクワクしながら作成している。
 
 久しぶりに、地元の古本屋でゲットしたぞ。
 
JSC 『巨人たちの伝説』 全1巻 昭和53年初版 150円
 JSC 『徐福伝説』     全1巻 昭和54年初版 150円
 BSC 『めぞん一刻』  全15巻 昭和57〜61年初版 1000円

 「巨人たちの伝説」については、懐かしさに購入。無骨な芯のあるSF漫画である。
 「徐福伝説」については、再版での所有なので・・・
 「めぞん一刻」は、リアルタイムで購読。しかも、連載雑誌ビックコミック・スピリットを創刊号から所有しているのだが、前々から再度読みたくなり・・・でも、雑誌を引っ張り出すのも・・・うーん・・・の状態で居たところ、激安で並んでいたので速攻で購入した。

 最近、ヤフオクで昭和30年代の手塚コミックが立て続けに出品されている。
 毎度の事だが手頃なと言っても最終的には価格が上がり手が届かない。まァ、此れがオークションの醍醐味なのだが・・・恥ずかしながら、こと手塚作品に限っては、未だ1回も競り勝った事が無いのである。幸運にも落札したのは、全て単独入札品なのだ。とホホ・・・
 その中で、新たな楽しみを発見した。其れは、一連の昭和30年代の手塚コミックに入札した方々の履歴(落札品)を眺める事である。大体、常連のメンバーである。特に印象の強い方は、ato○●氏で、アトム関連の品物を驚くほど落札している。アトムと名の付くありとあらゆる物を収集している筋金入りのアトム収集家だ。その中に、何点かコミックも含まれている。実は、此の方と何回かオークションで競り負けているのだ。うーん・・・凄い。
 

2002.12/ 3
 先週、残りの
鈴木出版 手塚治虫漫画選集C『ケン一名探偵 前編』が届いた。
 此れは、一連の美本出品に於ける最後の単行本である。前回、苦汁を味わった残りの単行本である。誠に残念ではあったが、全部で19冊出品中12冊を落札出来た事に感謝しなくてはならない。後は、残り13冊・・・何時の日かきっと・・・

 繁々と眺めてみた。
 昭和34年4月1日発行。うーん・・・44年の歳月が経っているのだ。殆ど小生の年齢と変わらない年月が・・・
 それにしても、保存状態が完璧である。改めて感動してしまった。
 最後の広告に目をやると、『ロック冒険記』全3巻・各100円、『流星王子』が160円と載っていた。因みに、漫画選集では、1巻170〜200円である。安い。しかし、年代を考えると・・・その時代、恐らく初任給が数千円の頃である。「贅沢は適だ!!」と言われていた時代だとも思う。その当時のこの価格は、今の金銭感覚に直すと如何ほどの物だったのだろう。いや、単純には計り知れない。そんな事を思いながら、今回そして前回から買い求めていた1冊1万〜1万五千円の価格で落札した事を正当化しようとするささやかな自己防衛がはたらく。(^-^:) 保管料を加味すれば安すぎるくらいだ ! ! と。
 そして、今回の一連の単行本について、どの様な経過で小生の手元にたどり着いたか頭の中で想像するの「いと楽し」。
 此れだけの美本である。日焼けも無ければ、表紙も当時のままの状態である。普通の保管であれば、40年以上の年月で日焼けの影響を受けるはずである。しかも、子供に買い与えた場合、この紙質ならカバーは破れて跡形もなくなっているだろう。しかし、それらが見受けられない。繰り返し読まれた形跡も無い。考えるに、年配の手塚ファンが購入して大事に大事に保管していたのだろう。其れも、日光に当らないように光を遮断した・・・恐らくダンボール箱か押入れ、又は蔵の中で。そして、何かの都合で・・・恐らくお亡くなりになったのだろう。何故かと言うと、手元の1冊にガムテープで括られた跡があるのだ。此れだけ大事に保管してある本を当人がガムテープでは括らないだろう。推測するに別人(妻か子供)が処分に困り他の本と一緒にガムテープでぐるぐる巻きにして廃棄するつもりだったのだろう。其れが何かの切っ掛けで今回の店に渡り、出品されたと考えられる。うーん・・・ちょっと強引な推測でわあるが、恐らくこんな経過に違いない。
 こんな事を想像するのも、絶版漫画収集の1つの楽しみである。
 モモンガーさん、連絡待ってますよ〜。(^-^)


2002.11/22
 
今日、何と佐渡に「BOOK・OFF」がオープンした。
 佐渡の中央を走る国道に・・・其れも2km内に類似店が4軒も密集する事になる。私としては嬉しいのだが・・・他人事ながら他の店が心配になってしまう。業界大手古本屋もエグイ事をしてくれますね〜。
 早速、余り期待しないで(過度の期待は裏切られるので・・・)仕事帰りに立ち寄った。店内に入ると「いらっしゃいませ〜」と、大きな声で店員全員が声を出す。うーん・・・まるでコンビニかマクドナルドに入ってしまった様な錯覚を受けた。(^-^:) 元の建物は、パチンコ店であり当時「源さん」が人気機種の時代、私は相当のお金をつぎ込んだものだ。(笑)
 コミックコーナーに足を向け、楽しみながら物色すると、おぉぉ〜サンコミック『鉄腕アトム』が有るではないか・・・よしよし・・・しかし、その他は目ぼしいコミックがない。仕方なく、少女コミックの棚に目を向けた。何時もは通り過ぎるのだが・・・ムムム・・・日野作品が・・・ホホホ・・・。
 サンコミック 
『鉄腕アトム』 2・6・14・15・16・17・18巻 昭和51年初版 各200円
 ひばり書房 
『地獄の子守唄』 全1巻 昭和61年初版 100円
         『赤い蛇』      全1巻 昭和61年初版 100円
         
『怪奇! 死肉の男』 全1巻 昭和61年初版 100円

 サンコミ版の鉄腕アトムは、当時、コミックと疎遠に成っていた時期と言う事もあり10巻と別巻の2冊しか所有していなかった。何度か手が伸びる事もあったが価格も高く諦めていたのである。ラッキー。
 ひばり書房のヒットコミック版、日野日出志作品は手に入りそうで手に入らなかった不思議な作品である。東京の古本屋で結構な価格だったので今回100円はお買い得度満点。しかし、何時見ても不気味な「絵」ですね〜。「七色の毒蜘蛛」と「どろ人形」のインパクトは今でも鮮明に覚えていた。 


2002.11/19
 
うーん・・・ショック。
 ボーナスを当て込み一大決心で前回買い残していた鈴木出版・手塚治虫漫画選集『キャプテンKen』全3巻『旋風Z』全2巻を入札した。処が今日の朝までは大丈夫だったので、今回も安心していたが・・・ガーン・ウッソぉぉぉ・・・落札できず・・・超大ショック。(T-T)
 前回落札できたのが幸運だったと言う思いはあるのだが・・・如何せん落札時間がAM10時と言うのが悔やまれる。
 そして、今まで画像で楽しませてもらっていた『ロック冒険記』全3巻も6万1千円で入札してあった。とうとう此れが見納めだな〜と、少し寂しくなった。
 

2002.11/ 4
 気が付いたら1ヵ月ぶりの書き込みだ。
 さぼっていた収集記録を書き込もう。(^-^:)
 先ずは、

***「Yhooオークション」
 
鈴木出版 手塚治虫全集『エンゼルの丘』全4巻 『おれは猿飛だ』全1巻 昭和35〜38年初版
  
先に購入していた単行本が余りに素敵で美しかったので堪らず再度入札そして落札。素晴らしい。
 光文社文庫 『少年傑作集』全5巻 
2000円
  5巻だけは所有していたが、お買い得の為ゲット。

***「まんぐるま」サイト  各200円
 
何と入札してから届くまで2ヶ月もかかってしまい・・・少し不安でしたが無事手元に届いた。うーん・・・待ちくだびれた。
 
パワーコミック  『魔界衆』 全4巻 昭和53年 4巻のみ初版
 ホームコミック  『赤目』   全1巻 昭和50年 再販
 サンデーコミック 『死神博士』 全1巻 昭和52年 再販
 チャンピオンC  『あばれ天童』 2・3巻 昭和50・52年 初版・再販
 サンコミック    『フータくん』 1巻   昭和56年 再販
 講談社コミック  豪華愛蔵版『コミック ヒットラー』 1989年 初版帯付
 ポプラ社    水木しげるのおばけ学校@『おばけ野球チーム』 全1巻 昭和55年 初版
  

 
話は変わって
 11月2・3日と新潟県臨床検査学会が地元佐渡で開催された。
 役員と言う事もあり、此処暫く慌ただしい日々を送っていたが・・・奇遇にも??参加者に同級生7名が集まる事になりトテモ楽しく懐かしい一時を過ごせた。7名中5人は、同じボロアパート『平田荘』で勉学??や遊び・生活も含め輝ける青春時代を共にした学友である。小生、地元なのに急遽同じホテルに泊まり、学会と言う事も完全に忘れ殆ど同級会気分で2日を過ごした。皆、すっかり貫禄がついて学生時代のチャランポランな面影も無くなっていましたが、話をしている内にやはり生まれ持った性格は変わらんな〜と(笑)。
 何故にこの様な事を書き込みしたかと言うと・・・来ると分かっていた学友2人にお願いしていたのですよ。事前に・・・。其れは、例のセブンイレブン限定?の『手塚治虫ミニアンソロジー』をそれぞれ5個づつ御土産にと。この様な厚かましいお願いを快く受けてくれた2人には心から感謝しています。この場を借りて・・ありがとうございました。
 結果は・・・見事5種類揃いました。(^-^) あ〜良かった。 


2002.10/ 9
 
今日、待ちわびていた、鈴木出版 手塚治虫全集『白いパイロット』全3巻『双子の騎士』全2巻『大洪水時代』全1巻が届いた。うーん・・凄すぎる。感動してしまいましたよ。本の状態が少し心配でしたが、素晴らしく、艶かしく、そして無茶苦茶そそられ感無量です。カバーの状態も綺麗で予想以上の美本でした。此れほどの出物は、恐らく今後巡り合えないと思う。改めて「落札してよかったよぉぉぉ・・・」と、痛感した。
 良くぞ40年の歳月を、この状態で保管していた所有者に唯、感謝と尊敬の念を抱かざるを得ません。
 早速、懐かしの『白いパイロット』を、パラパラと丁重に眺めたところ・・・幼少の頃の記億が、ほろほろと蘇ってきました。そして、今になって気付いた事があります。「アッ・・叔父さんから頂いた単行本は、3巻だけだ。」そうなのです、何故か、此れ1冊だけ御土産に貰った事が記憶として蘇ってきました。あのバッタ型・蛇型・虎縞・そしてロボット型の飛行機、うーん・・・懐かしい。そして、出だしのカラー頁・・・。どれを見ても、私にとって再販本では味わえない懐かしさをしみじみ与えてくれました。出会いに感謝です。元所有者の意思を受け継ぎ大切に保管して行こうと心に誓った。


2002.10/ 2
 
先程、何時もの古本屋で久しぶりの素敵な出物をゲットした。本当に久しぶりである。
 
大都社 なつ漫コミック第2弾 St 『月光仮面』 全1巻 1990年初版 400円
 
KCSP 『リボンの騎士』 全2巻 1989年再販 900円
 St版『月光仮面』はオークションで何度か苦い思いをしたコミックである。しかし、この様な形で購入出来るとは思いもしなかった。其れも、400円と超お買い得でゲット出来るとは・・・うーん・・・嬉しい。(^-^)KCSP版 『リボンの騎士』も其の内に出てくるだろうと、たかを括っていたが・・・今まで掛かってしまった。でも、ゲットできた事に安心する。

 話は変わって、9月29日(日)に新潟へ映画「サイン」と古本屋探索に出かけた。
 4件の古本屋を探索し、何と長年捜し求めていた
コンパクトコミック版『0マン』全4巻をゲットした。其の他にも何点かゲットしたが、今「旅の古本屋探索記」に載せるべく作成しているところである。今回も楽しく素敵な旅となった。


2002. 9/27
 
久しぶりの書き込みだ。
 最近全く落札できず・・・此方での出物も無い日々を送っている。
 そんなストレスを、困った事に「タイムスリップグリコ第2弾」で発散している毎日である。(^-^:)
 一時期、店頭から無くなっていたが・・・再び出回ってきた。此処何日間は、あろう事か職場の売店に置いてあるのでついつい購入してしまう。白衣を着て売店でグリコを纏めて購入する姿は異様と見られても仕方ないが・・・流石に周りの目を気にしながらの購入だ。チョット恥ずかしい。(^-^:)
 御蔭??で、結構揃ってきた。後は「正太郎の追跡」カラーと「スバル360」黄色バージョンと思われる。今回は第1弾と違って、鉄人関連以外は色違いバージョンだけではなく、作り其の物が違ってきている。例えば、「学校給食」・・・コッペパンが食パン三枚。「ニコンF」・・・フラッシュが望遠レンズ。「スカイライン」・・・青がシルバーGTR仕様。等、盛り沢山なバージョンがあり、作りも前回より「リキ」が入っていて購入欲を擽る演出だ。

 何日か前、「まんだらけweb店」で出品されていたが、スペシャルバージョンが軒並み1000〜3000円。驚く事に、「スカイライン(ケンメリ)GTR仕様」が4000円で出品されていた。うーん・・・凄い事になっている。でも、「持ってるもんねぇぇぇ」と、ほくそえんでいる自分が無性に可愛らしく感じられた。(笑)


2002. 9/15
 
最近、収集の原点に立ち返り「鈴木出版」や「光文社」の手塚治虫全集を入札しているのだが・・・中々入札できない。(T-T)
 予想通り、『ジャングル大帝』も惨敗。基本的に相場以上で落札する気は無いのだが余りの強敵の多さに愕然としていると言うかめげてしまった。改めて、手塚ファンの凄さをシミジミ感じてしまった。
 ヤフオクで古本屋以外の古物商??等で色々な骨董品に紛れて結構安値で出品されているのだが、徐々に価格が上がり小生の許容範囲を超えてしまい諦めてしまう。そんな繰り返しを続けている。自分勝手に作った許容範囲を一歩踏み出せば、きっと落札できるのだが・・・其の一歩が踏み出せない。そんなジレンマの中、懲りずに今日も入札しているのだ。
 この所、何故か『0マン』に執着している自分がいる。コンパクトコミック版は、前回より1万円程落札価格が下がり三万円となっているが、まだ高い為次回に期待している。(そんなことしている内に落札され後悔するのは分かっているのだか・・・) 昭和30年代の集英社版は、出だしが5千円とそそられたがあれよあれよという間に三万円程になり、諦めモード突入先週惨敗。そして最後の砦、鈴木出版全7巻+『アリと巨人』でしたが・・・先程、死闘の末・・・敗退。うーん・・・悔しいよぉぉぉぉぉぉぉぉ。小生も3万5千円まで粘りましたが・・・。(T-T) 全敗です。シクシク。

 話は変わり、ヤフオクに前にも何度か耳にしていた「マニアによる手作りコミック」??が出品されていました。
 物は、虫コミック仕様     
『キング・ロボ』全3巻 限定5部 五万八千円
     サンデーコミック仕様 
『ジャイアント・ロボ』全3巻 限定5部 九万円
 うーん・・・凄まじきマニア!! 
 

2002. 9/ 5
 
此処最近、ヤフオクにそそられる出物があった。
 昭和35年頃発行の
光文社版 『鉄腕アトム』 全8巻
                 『西遊記』 1〜2巻
                 『ジャングル大帝』 1巻
   である。
 『鉄腕アトム』の4巻と『ジャングル大帝』3巻はボロボロを所有しているが、今回の出品は中々程度が宜しい。(惜しいかな3巻はカバー無)
 アトムについては、表紙画像を見ると1〜3巻は再販と思われる。何故なら・・・トビオさんお気に入りの「ロボット行進」ではないのです。残念。しかし、欲しい事に変わりは無く入札する事にした。2万円がスタート・・・価格を上げていっても中々、最高入札にならず困り果てて「入札履歴」で確認すると・・・32500円まで競った形跡がある(何故か消去してあったが・・) しかも入札者名が「atom,,,,,」となっている。此れは、バリバリのアトムマニアと思い諦めてしまいました。戦う前から惨敗です。もし、初版「ロボット行進」の表紙ならもっと粘ったのに・・・と、負け犬の遠吠えである。
 『西遊記』については、7千円からのスタート。落札前日までは、小生しか入札が無く・・・ウフフ・・・ゲットの可能性が・・・と思っていたら、締め切り30分前に入札があり慌てて再入札。時間を確認するとAM7時50分まで・・・出勤時間がAM7時40分なので落札が確認できず帰宅まで不安と期待を抱いていました。・・・案の定、敗退。最近、手塚漫画をゲットしていなかったもので・・・「手塚漫画が俺を避けてるぜ」的感じを抱かざるを得ません。シクシク。
 残りの1冊『ジャングル大帝』は、今のところ小生以外、入札はありませんが・・・同じ経緯をたどりそうで・・・でも、諦めないぞ
!!
 
 書き込みをしていて、「フッ」と思った事がある。
 小生が精力的に手塚作品をかき集めていた昭和48〜51年の時期から、鈴木出版や光文社で手塚治虫全集が発行された昭和35年頃までは、僅か15年程の差でしかない。今でいえば、昭和63年から平成元年頃となる。現在は、其の位の発行年コミックは美本で容易に手に入る。しかし、当時は地域的な問題(都会と違って古本屋が殆どない)や発行部数、需要と供給の絡みで中々手に入らなかった。そして、それら貴重なコミックが当時、人の目に触れることなくゴミと共に処分されてしまったのだろう。しみじみ遣る瀬無い気持ちになる。
 恐らく小生の本棚に色々な「縁」で並んでいる古いコミック達も、出会いが無ければこの世に残っていなかっただろうなぁぁぁ。と思ってしまう。 「安心しいや、大切にしちゃるけんね」と、メルヘンチックに意味不明な方言で語りかけてしまいました。


2002. 8/30
 
何時もの古本屋に、素敵な出物があった。

 
ヒットコミック 『サイクル野郎』 全37巻 昭和52〜55年初版・重版混合 2560円
 うーん・・・凄い。滅多に出ない掘り出し物だ。
 小生にとっては、『夕やけ番長』が印象的な漫画家である。この『サイクル野郎』もリアルタイムで途切れ途切れ読んでいましたが、当時印象が薄かったことを記憶している。では、「何故に・・・」となりますが、背表紙の蛙のマークと虫コミックを髣髴させる作りにそそられた事。それと何年か前、テレビ(探偵ナイトスクープ)で、この『サイクル野郎』最終巻数冊を探して欲しい依頼者が出ていた番組を思い出しました。内容は、タレントが依頼者と一緒にコミックを探していく設定。しかし、数々の古本屋に行っても中々見つからず、店主に「最後の方の巻は発行部数も少なく出物は難しいですね」と言われ、最終的に漫画家の家まで押しかけサインとコミックを貰い受けたと記憶しています。そんな事を憶えていたので「此れは、即ゲットしなくては・・・」となった訳です。価格も無茶苦茶安いですし。
 先程、相場はどの位か「助平心」を出し、ヤフオクで検索しました。すると・・・1冊500〜3000円。やはり、最終巻辺りは、高値で取引されていました。全巻揃いも出品されていまして、現時点で3万5百円で複数入札されています。改めて、ゲットして良かったなぁぁ・・と思う。そう言えば、「オンデコマ出版」で最初の復刻されたコミックが何故か『サイクル野郎』でしたね。

 其れと、予てから計画していた「まんぐるま」サイトでの入札第二弾を決行しました。
 今週は、1冊200円・・・この辺が潮時と思っています。これ以上低価格だと「まんぐるまさん」に申し訳なくて入札出来ませんよ本当に・・・とか何とか言って、1冊10円になったら又、纏めて入札してしまいそうな自分が怖い。(笑)
 今回は、計23冊・・・とても楽しみにしています。

2002. 8/19
 
久々の此方でも出物とオークションでの落札コミックが今日届いた。
 先ずは、

***「Yhooオークション」
 
サンワイドコミック 『エリート』 全2巻 昭和60年初版 4200円
                    やっと念願が叶いゲット出来ました。嬉しいよォォォ。此れでサンワイドの桑田作品は制覇。
***佐渡の古本屋
 
KCM  『Queen エメラルダス』 全4巻 昭和57年再販 600円 リアルタイムで読んでいたが・・・懐かしい。

 其れと、8月16〜17日と一泊で里帰りした時の古本屋探索でゲットしたダンボール1箱分も届いた。此れについては、後日「古本屋探索旅紀行」に掲載する予定です。お楽しみに。・・・と、誰も楽しみにして無いって。(笑) 1人突っ込みでした。(^-^:)
 
2002. 8/ 6
 先週久しぶりに息子(高2)と「タナゴ」を捕まえに近くの小川に行った。
 最近は、息子の部活(バスケ)が忙しくて行けなかったのだ。
 車で5分、目的地につくと・・・息子
「おとお(父の呼び名)早く行こうぜ」小生「どうした??」息子「知ってる人に会うと恥ずかしいじゃん」
 うーん・・・そういう年頃になったのか・・・と、嬉しいような寂しいような複雑な気持ちになった。背丈も何時の間にか小生より大きくなり(183cm)服装も今流行の格好をして・・・。
「そりゃそうだよなぁぁ・・」と思いながらも、タナゴの稚魚を50匹程、捕まえて帰路に着いた。今、自宅の水槽の中には「タナゴ」「ワカサギ」「カワヨシノボリ」「カワエビ」「モロコ」「ドジョウハゼ」が生息しているが、気が付くと「タナゴの稚魚」が殆どいなくなっていた・・・完全に「餌」となってしまった事に、心が痛む。
 
そして今日、息子が友達2人で、清流ルアー釣りに行ったそうな。
 小生が帰ってくると、自慢げに「岩魚」を3匹見せてくれた。海釣り、バス釣りはやっていたが清流釣りは未だやった事がない・・・何時でも出来ると高をくくっていたが、まさか息子に先を越されてしまうとは・・・ううぅぅぅ・・・ショック!!
 そんな事は、顔には出さず、
「やるじゃねえか・・・」と一言。速攻で塩焼きにして食べた。「う・うまい」
 息子曰く、
「今度、連れてってやろか・・・」
 小生、うーん・・・
「連れてって・・・」「俺を連れてくとは、百万年早いわ!! 」と、喉まで出かかったが・・・止めた。何と大人気ない。(笑)
 しみじみと、大きくなったんだナァァ・・・と。思う。
 仕方ない、今度の休みには付き合ってやるとするか・・・(本当は超嬉しい) 爆笑

 オット、大事な事を忘れるとこでした。お待ちかねのコミックが届きました。
***「Yhooオークション」
 K C 
『餓鬼』 全2巻 昭和53年再版 絵に網もシッカリ掛かっている事に・・・満足。

2002. 7/29
 
エイイチさんが佐渡に来島。
 とっても、楽しい一時を過ごせ。まるで、懐かしい旧友に再会した感じでした。感謝!! 
 しかし、惜しいかな、佐渡の大自然を満喫するコースを案内出来なかったことが悔やまれます。陳謝。

 さて、先週次々とコミックが届きました。
***「Yhooオークション」
 
サンコミック 『アリンコの歌』 全3巻 昭和49年初版
 K C  
『鉄面探偵ゲン』 全2巻 昭和51年初版
 サンワイドコミック 
『スパイダーマン』 全5巻 昭和62年初再版

***Amazon
 ちばてつや全集
 
『ママのバイオリン』『リナ』『ユカをよぶ海』『ユキの太陽』『餓鬼』『短編集』全14冊

***落札コミック
 K C 
『餓鬼』 全2巻 1110円 やっと落札できたぞ。ホッ。
 その他に、虫コミック『アリンコの歌』全3巻が出品されていましたが・・・敗退。(T-T)

2002. 7/19
 
昨日、宅配便が届いていた。小生テッキリ落札コミックが届いたと思い込み差出人も確認しないで中を開けました。箱には、「生ものですから早めにお食べください」とシールが貼られてある。うーん・・・最近の古本屋は洒落っ気があるナァァ・・・と、感心し蓋を開けると・・・中身は「お菓子」です。「エッ!!」と思って差出人を確認すると・・・何と「サプライズこと○○○○」と書いてありました。本当に先入観念とは恐ろしいものだとしみじみ感じてしまいましたね。(^-^:) 早とちりな自分自身に赤面してしまいました。すぐさまサプライズさんに御礼の電話をかけた事は言うまでもありません。御馳走様&ありがとうございました。(^-^)

話を変えまして、落札コミックが届きました。
***「まんぐるま」サイト 各700円(1冊)
 朝日ソノラマ 
章太郎のファンタジーワールド ジュン』 昭和50年初版 カバー欠(T-T) 前々から欲しかったのですよ。
 朝日ソノラマ 
『サイボーグ009その世界』 昭和55年再版 箱水濡れ(T-T) 勿体ない・・・
 辰巳出版   
『劇画 家畜人ヤプー』 昭和59年再版 やっと手に入れました。
 辰巳出版   
『劇画 続家畜人ヤプー』 昭和59年初版 作画が石森氏でないのにガッカリ。
 サンコミック  
『ワースト』 全4巻 昭和51〜52年初版 JCとは一味違う表紙に満足。
 リマ出版    
『まぼろし探偵』 1〜5巻 1990〜初版 残りの6〜8巻も何時の日かゲットしなくては・・・
 集英社     
『諸星大二郎 汝、神になれ鬼になれ』 2001年初版 昨年書店で購入しょうと思いましたが、高すぎて・・・
***「Yhooオークション」
 
K C      『ちばてつや短編集』 全3巻 昭和50年初版 早速、読んでみよう。
 残りのコミックは手違いで後日発送との事、待ち遠しいなァァァ。

***落札コミック
 サンワイドコミック 
『スパイダーマン』 全5巻 3200円 今まで何度も入札して落札できなかったコミックである。
                         今回やっとの事で、落札できた。それも今までの最低落札で・・・ラッキー!!!
 
 最後に先程、古本屋に行ったところ・・・久しぶりにお買い得コミックがありました。
 小学館   
『藤子F不二雄 異色短編集1 幸運児』『異色短編集2 箱舟はいっぱい』『異色短編集3 パラレル同窓会』 
        1989年初版 値段が何と!! 3冊で85円(消費税込) 殆ど投売りでした。1冊30円もしないなんて・・・
        殆どゴミ扱いですね。程度も並上なのに・・・笑っちゃいましたよ。
         
2002. 7/15
 今日も1日、土砂降りだ。
 佐渡でも、珍しく水害が出ている。
 小生の住む所は高台に位置し、こんな時は安全なのである。でも・・・田圃が心配だ。

 昨日の日曜日、残りの草刈を朝から実施。曇り空にそよ風・・・草刈日和だった。
 ところが、午後2時過ぎ頃から
突然、あたりが暗くなり・・・雨もポッポツと・・・小生、この位の雨なら楽勝と続けていたら・・・背中越しに生暖かい風と共に
豪雨が襲ってきました。「ひえェェェ・・・」と堪らず大木の蔭に身を潜め治まるのを待ちましたが、全く治まる気配もなく・・・そうこうしている内に、雷も鳴ってきました。スッカリ、やる気も失せ本日終了。台風でもないのに・・・一体アレは何だったのだろう。うーん・・・土日百姓、草刈に穂肥撒きと溝堀り、やらなくちゃならない事が一杯あるのに・・・航空防除までに間に合いそうも無い。シクシク・・・

 話は変わって、落札コミックが届いた。
 
大都社       『復刻版 鉄人28号』 2・3巻 残すところは・・・5〜8巻。
 
サンコミック    『モサ』 全1巻           チョット暗い物語でした。
 
コンパクトコミック 『片目猿』 全2巻         実にそそられる。念願かなったり。

 其れと、何点か落札できたので紹介しよう。
 
サンコミック 『アリンコの歌』 全3巻 2700円    落札できて嬉しいよォォォ。
 
K C 『ちばてつや短編集』 全3巻 1200円    やっとの事で落札。此れでYATOさん推薦の『螢三七子』が読めるぞォォ。
 
K C 『鉄面探偵ゲン』 全2巻    1310円    当時、余り面白くなかったが・・衝動買いである。(^-^:)

 ところで、Amazonに注文した『ちばてつや全集』15冊と、「まんぐるま」サイトで落札した『お宝コミック』14冊が今だ、届かない・・・うーん・・・早く来ないかなぁぁぁ・・・。チョット心配になってきました。

2002. 7/ 8
 
土日と無茶苦茶暑かった。そんな中、田圃の畦の草刈に出ていたのでスッカリ日焼けして顔と腕が真っ赤か・・・(^-^:)
 昔から比べると、草刈機の重量も随分軽くなり楽になったけど・・・広さが半端ではなく其れも斜面が多く最近は年のせい??か、体力的にきつくなって来た。そのため、若い頃と違い一気にやらず、マイペースを心がけている。(航空防除までに間に合うのかぁぁぁ・・・笑)
 そんな事もあり、自分の御褒美に先日ヤフオクに5点程入札した。その内の3点について、今日落札メールが届いたぞぉぉぉ。(^-^)
 
大都社       『復刻版 鉄人28号』 2・3巻 2500・3000円
 サンコミック    『モサ』 全1巻 1600円
 コンパクトコミック 『片目猿』 全2巻 2500円

 今回は、自分自身に対する御褒美と言う事もあり、チョット奮発してしまった。本当は、もう少し安くゲットしたかったが・・・(^-^:)
 念願の「ちばサンコミ作品」もゲット出来たし、此処何年間ズート出物を狙っていたコンパクトコミック版『片目猿』もようやくゲットできた。『復刻版 鉄人』は完全に衝動買いでした・・・反省。此れで、コンパクトコミックは『0マン』と『マグマ大使』の2巻で大体欲しいコミックは揃う事になる。何時の日かキット。
 それと、もう1つ以前から実に気になるサイトがあった。「まんぐるま」さんである。
 5月頃からサイトを古本屋さん状態に(本棚の写真を何十ページも掲載)して一週間ごとに価格を下げていくシステムで営業している。サイト上であたかも古本屋に訪れてコミックを選んでいる様な錯覚で、小生唯、感動しました。最初の頃は、価格も高く手が出ませんでしたが、価格も手頃になってきて
『サイボーグ009その世界』『家畜人ヤプー』『まぼろし探偵』等、13冊程注文しました。(まだ連絡はきませんが・・・) 第二弾として、数週間後価格が下がったら穴埋めコミックも含め纏めて注文する予定です。しかし、今まで何度か注文のタイミングを外し、何冊か欲しいコミックをゲット出来ませんでしたが、其処が又、駆け引きの面白いところで、楽しませてもらっています。(^-^) 

2002. 7/ 2
 
久しぶりに地元でのゲットです。(^-^)
 
サンデーコミック 『潜水艦スーパー99』 全2巻 昭和53年再販 400円
 
チャンピオンC  『妖虫』           全1巻 昭和57年再版 200円
 
サンコミック    『鉄戦士ムサシ』      2巻 昭和58年初版 150円
 
K C        『永井豪SF傑作集8』       昭和58年初版 150円
 
ヒットコミック   『漂流幹線000』      2巻 昭和58年初版 150円
 幸運にも
『潜水艦スーパー99』と『妖虫』については、レジの奥に山積みされた中にヒョコンと顔を出していたのを見つけゲット。
 スーパー99の「絵」は松本氏の初期作品だけの事はあり、妙に懐かしい。妖虫は隣に置いてあったのでツイツイ「其れも・・」と、つられ購入してしまった。古賀作品は不思議と初めての購入なのだ。あのドロドロした「絵」を久しぶりに見る事が出来た。此れも懐かしい。後の3冊については、バラでの購入となったが後日後悔しないように価格も安い為ゲットした。
 序でにスタンプカードが三千円分溜まったので気持ちが大きくなり、下記のコミックも纏め買いしてしまった。(^-^:)
 
J C    『手塚治虫THE BEST』 1〜6・11〜13・19巻 1998年〜初版 各200円
                      このシリーズは収集するつもりは無かったが・・お買い得価格だったのでゲット。
                      「絵」は案の定、網がかかってなく雰囲気が今ひとつ。
 
YSC   『コンデ・コマ』 1〜10巻 1997年〜 初版 各250円

                     
 恐らく、夢枕獏氏が今後小説化するであろう「前田光世物語」を読む前に漫画で
                     読んでみたかったのが購入理由。
 
KIBOC  『碁娘伝』 全1巻 2001年初版 450円
                      発行したと時、手が伸びたが・・・直ぐに出物として並ぶだろう・・と。
                      甘い考えでいたら、随分待ちぼうけを食らってしまった。

 話は変わって先週、県技師会の役員会議があり新潟に渡った。
 会議が16時からのため午前中は仕事をして午後からの出張。移動時間5時間・会議1時間と、何ともやるせなく慌ただしい1日。何時もなら大好きな古本屋に寄るはずが・・・今回は時間も無く空しい出張だった。(T-T) そんな中、帰りの汽船で知人と一緒に2時間半の船旅を趣味の話で過ごした。バイクや車・・等々、話は昔の漫画に移り昨年、部屋の掃除をしていて叔父の部屋にあった古い書物や漫画本を大量に焼却(田舎では未だに庭でゴミを燃やすのですよ)した話を聞いた。彼の話によると、少年や少年画報等の雑誌に紛れ『まぼろし探偵』などのコミックも沢山あったという・・・(彼にとっては何故か「まぼろし探偵」のコスチュームが印象に強く残っていたようだ。) 昭和30年後半から40年にかけての漫画本。実際は、この様にして処分されるのが殆どなのだろう。しかし、勿体ない実に勿体ない。
 現在は、こんな田舎にも古本屋が出来て以前から比べれば古いコミックの行く先が選択肢として広がったと思う。しかしながら、昭和40年前後のコミックは出物として店頭に並ぶ事は殆ど無い。原因は幾つかあると思うが・・・余程大切にしていなければ、30年以上の年月の為、シミ・汚れ・痛み・日焼け等により一般の方は売り物にならないと思って廃棄してしまう。運良く紛れ込んでも、普通(田舎)の古本屋は買取しないだろう。
 それと、小生の大好きな昭和40年代前半のコミックなど恐らく並上状態で残っているのは持ち主が50歳代の方々と思われる。小生くらいでも当時は小学生、自ら購入するのも年齢的に難しく保存状態も良くないと思われる。最低でも当時、高校生以上でないと金銭的にも保管の事についても望めないだろう。それも、結構嵌った方となると、田舎では非常に少なく天然記念物的存在である。(笑)
 そんな事を考えながら、最近は何処かの「蔵」にでも無造作に段ボール箱に詰まった「お宝コミック」がないかなぁぁぁ・・と。思うのである。田舎の家には、大抵「蔵」があり、色々な物が詰め込まれている。都会と違って不用品等もスペースが有り余っている為、詰め込んでいる。そんな中に、昔のコミックが佇んでいても不思議ではない・・・と言うか、必ず有るはず。
 そんなことも在り、其の年代の方と意気が合うと「昔の漫画」の話をする事にしている。努めてマニアックにならない様にソフトにである。余りにマニアックになると引いてしまう恐れあり・・・笑。そして、意外な事に小生の周りには其の年代で「漫画」を読んでいた方が余りに少ない事に驚きと寂しさを感じてしまうのです。まぁ、土地柄もあるかも知れませんが・・・今のところ、収穫はゼロです。(^-^:)
 此れで収集できれば、タイトルどおり「幻」まぼろしの「藏」くらの絶版収集記録になってしまいますね。(^-^)

2002. 6/25
 待ちに待った「篠原蔵書」が届いた。
 本当は、ボーナスまで待つつもりだったが・・・やはり・・・我慢できず・・・笑って誤魔化してしまおう。ハハハ・・・・
 帰ってきて直ぐに箱をあけ、コミック達と「御対面」・・・うーん・・・素敵に素晴らしく美しい!!
 昭和40年代初期のコミック達、薄っすらと年代を感じ、それでいて美しい・・・そんな香り立つ様な絶妙なバランスが絶品です。
 先生、本当にありがとうございました。感謝感激。

 
さて、早速紹介しょう。

 
虫コミック 『ちかいの魔球』 全7巻 昭和45〜46年 初版
         『テレビ天使』   全3巻 昭和45年 初版
 コンパクトコミック
        
『少年ジャイアンツ』 全3巻 昭和43年 初版 帯付
         『狼小僧』       全2巻 昭和43年 初版 
帯付
 ダイアモンドコミック
       
 
『アリンコの歌』   全3巻 昭和42年 初版 2巻帯付
         『ハチのす大将』  全2巻 上巻・昭和42年再販 下巻・昭和41年初版

 ゴールデンコミック
         
『忍者武芸帳』   全12巻 昭和42年 再販
 K C     
『島つ子』      全5巻 昭和42〜43年 初版
 サンコミック 
『猫又』       全1巻 昭和41年 初版             以上全38巻
 
 
この中で、以前から気にかかっていた事がある。それは、『猫又』の初版と再版の違いである。
 小生が所有していたコミックは昭和49年改訂3版であり、初版との違いを何度か耳にしたが・・・今回、その謎がベールを脱いだ。
 先ずは、外見から。
 初版・・・背表紙のサンコミックが英語(再版はカタカナ)。水木しげるが白字(再版は青字)。猫又が橙色(再版はピンク??)
      表紙と裏表紙のSUN comicsのマークが微妙に違う。
      綴じ絵付き。
 そして、1番大きな違いは初版の収録作品『太郎稲荷』が改訂再版では『トランク』『河童をみた、ある少年の話』に改訂されていることである。うーん・・・長い間のもやもやがやっと解消された。(^-^)
 

2002. 6/19
 
うーん・・・久しぶりの書き込みだ。
 6月14日、約束のサプライズさんと会う事ができた。地震で新幹線が遅れ予定より30分程遅れてしまい、慌てて探したが中々どの方か分からなかった・・・そうこうしているうちに彼のほうから声をかけてくれた。「幻さーん」・・・と。中々分からないものだなぁぁ・・・と、心底思ってしまった。何故小生と分かったかと言うと・・・白髪の為だそうだ。喜んで良いのか・・・ちょっと複雑でした。(笑) 話をしてみると、若く見えたが小生と同級との事・・・それから2時間ほど色々な御話や案内をしてもらいトテモ感謝の気持ちで一杯です。ありがとうサプライズさん。(^-^)
 早速、旅行序での「まんだらけ中野店」での収集報告を書き込もう。
 今回は、金欠で高めのコミックには目を向けないように苦労したのだ。情けないったら情けない。(^-^:)
 
ホームコミック『みそっかす』    全3巻 2500円
 ホームコミック『123と45ロク』  全3巻 2000円
 K C      『ハチのす大将』  全1巻   600円
 YMC     『練馬のイタチ』   全1巻   300円
 
穴埋めコミック
 チャンピョンC 『超人ヒイロ』  1・7巻   各200円
 アクションC  『戦国獅子伝』  4・7巻   各350円

 
うーん・・・まだまだ欲しいコミックが沢山ありましたが・・・今回は時間も無い事で諦めました。
 6月16日、2時間程時間を作り神保町へ・・・ゲッ!!! 何と中野店と翠光堂が休みではないか・・・・超大ショッ−−−−ク!!! そう言えば日曜日が定休日でしたね。水道橋からお茶の水まで急ぎ足・・・全身汗まみれ・・・500mlの「ダカラ」を一気呑みして1人寂しくトボトボと・・・仲間の待つ上野駅へ・・・シクシク。


2002. 6/ 9
 今日の休日は1日草刈で終わってしまった。中々此れが又、重労働なのである。
 この歳で腹が出ていないのは農作業の御陰と密かに思っているが・・・。(^-^:) と、一生懸命仕事をした時は素敵な出物がある事を期待して3件の古本屋をハシゴしましたが・・・収穫なし・・・少しガッカリしてしまった。
 
 何日か前、掲示板に『バロム1』の話題が書き込まれていて、何故かその日から、昔の思い出が・・・蘇って来ました。
 其れは、高校生の頃、コミックを集めていた友達の事なのです。彼は、小生とは全く違ったジャンルの作品を所有していまして、さいとうたかお氏・望月氏・楳図氏作品を相当の数持っていました。コミックの数だけで言うと当時小生より沢山所有していたと思います。当時は中々渋い漫画家を収集しているナァァ・・・と、感じていまして小生とのダブリコミックは確か『バビル2世』だけと記憶しています。其の中に、今は無茶苦茶プレミアの付いている『バロム1』や『シャドウマン』などありました。学生時代も実家に帰ると何回か遊びに来てくれましたが・・・その後、連絡も途絶え20年以上も会っていません。当時、借家だった為、何年か前訪れたときは無くなっていました。今何処に居るかも友達に聞いても分かりません。何故か今回の事で無性に会いたくなってしまいました。オー−イ・・・阿部くーーーーーん・・・まだシッカリ所有しているかぁぁぁ。もし、奇跡的に此れを見たら返事くれよォォォォ。無茶を言う幻藏でした。


2002. 6/ 4
 
篠原蔵書の第二弾交渉が成立しました。先生には本当に感謝しています。
 今回は、軍資金が少なく先生には多大なご迷惑をかけてしまった。
 ちばてつや作品を中心に、ダイアモンドコミック・コンパクトコミック・虫コミック・サンコミック・GC・KCとバラエティー豊かに38冊譲り受ける事になった。ちば作品は小生『あしたのジョー』『おれは鉄平』『のたり松太郎』『紫電改のタカ』『男たち』しか何故か所有していなく・・・それも大人になってからの購入でした。やはり、子供時代から漫画家とSF作品に片寄った収集が大きな原因だ。小生の記憶の中には、『おれは鉄平』連載以降しか無い為、今回手元に届いたら初期作品を懐かしさの香る当時のコミックでしみじみ読んでみたいと思う。

 話は変わって、「まんだらけweb店」に注文していた
カッパ・コミクス『鉄腕アトム』8冊が届きました。
 価格も、1冊500〜800円とお買い得!! 此れで全巻(34冊)揃ったぞぉぉぉ。1冊だけ背表紙が日焼けて無く黄色と赤が眩しい・・・うーん・・・本当はこんな色だったのかと今頃に成ってから気付きました。小生の蔵書はスッカリ日焼けして古さを醸し出しております。(目一杯負け惜しみです・・笑・・) 

2002. 5/22
 うーん・・・久しぶりの書き込みだ。
 最低週1回を目標にしているのだが・・・中々上手くいかないものだ。
 『思い出のコミック特集』に、カッパ・コミクス『鉄腕アトム』編をアップしたが本当は『幻藏の自分勝手論もどき』の中に編集予定だった。しかし、余りにゴチャゴチャした内容になってきたので幾つかに分けて編集していく事にしょう。そう!! 楽しみながらゆっくりと・・・。(^-^)

 話は変わって、ゲットしたコミックが溜まってきた。
***Yahooオークション***
 サンワイドコミック 
『少年忍者部隊 月光』 全1巻 4300円
 サンワイドコミック 
『マッハGOGOGO』 全1巻 3100円
   うーん・・・ヤットの事で入札に競い勝ったぞぉぉ。三度目の正直。其れも結構安値で・・・??
   読んで見ると・・・うーん・・・チョット期待外れが大きい・・・「絵」が・・・ショック!!
*** 佐渡の古本屋 ***
 KCM
 『四角いジャングル』 全11巻 3300円
   学生時代、雑誌で読んでいたが懐かしさの余り購入。
   アントニオ猪木と極真空手ウイリー戦のリアルタイムの解説が無性に懐かしかった。一気に読破。
 KCM 
『空手戦争』 4〜11巻 2400円
   此れも、連載当時読んでいた筈だか・・・後半の終わり方が今一。
 KCM 
『新 巨人の星』 全5巻 500円 安い!! 
   連載時、読んだ記億が無い。読み飛ばしていた可能性が・・・。後日読もう。
 チャンピオンコミック 
『アラバスター』 全3巻 750円
   連載時、読んでいたが・・・印象が薄く今まで購入しなかった。只今、読書中・・当時と違った角度から読めそうだ。

 今日、余りのタイミングの良さで「まんだらけweb店」に、
カッパ・コミクス版『鉄腕アトム』が出品されていた。昨日は、遅くに帰ってきたので深夜の内に急いで欠番の8冊を注文しておいた。其れが、先程メールでOKの連絡が入り一安心。此れで全巻揃った。帰宅して直ぐにweb店に訪問したところ、小生の買い残した「巻」も全部売り切れになっていたので心配していたのです。危なかったナァァ・・・(^-^:) 今日の深夜に注文して良かった。でも、本当に不思議なタイミングで・・・「漫画が俺を呼んでるぜ!!」です。(笑)

 追伸 先程本棚にいつて見ると、何と・・・無いと思っていた『ミドロが沼』収録の7巻がヒョッコリありました。ゲゲ・・ダブって購入してしまったぞ。(^-^:)

2002. 5/12
 
ホームページを開局して早1周年。☆☆有難うございました☆☆ と・・此処まで見てくれる方は滅多にいないと思いますが・・・(^-^)
 御陰さまでこの1年間、今まで体験できなかった色々の経験が出来ました。
 この『幻藏の独り言』が小生の日記の様な物になり、読み直す事にした。うーん・・・今まで日記なぞ書いた事が無かった為、変に新鮮に記憶が蘇ってくる。そして、中々良いものだナァァと感心した。此れからも日記代わりに続けていこうと改めて思う。(^-^)
 最初はじめた頃は、アクセスが殆ど無く、こんなものと思っていたが・・・Yhooに登録したところ1日で2500以上のアクセスがあり「ウッソォォ・・・すげェェ」と思い毎日こんなアクセスがあるのか・・・と、感心していたところ、次の日は殆どありませんでした。(T-T)  後で分かったのですが、その日にYhooの「今日のお奨めサイト」で紹介されていた事を知り納得しました。続いて「月刊ビジネスSPA!e+B」にこのHpが紹介され、他の商業ベースのサイトに混じりこのマニアックで質素な表紙ページ(初期の空色)が紹介文と一緒に掲載されて「嬉し恥ずかし」気分でした。(密かに雑誌は宝物にしています。ハハハ・・・)
 何と言っても、身近に居ない当時のコミックに愛着を持っている方々とお知り合いになる事が最初の目的であり大変嬉しく思っています。それと同時に世の中には凄い方々が居る事を知り、大変勉強になった事も事実です。感謝しています。そこで感謝を込めて、書き込みをして頂いた方を先着順に・・・誘蛾灯さん・トビオさん・りかぼんさん・いとうさん・エイイチさん・サプライズさん・kenchanさん・こちマガさん・藤子ファンさん・御妖さん・etc・・本当に有難うございました。それと、メールでの問い合わせや応援メッセージを送ってくれた方々に感謝しています。御陰で細々と続け.る事が出来ました。
 マダマダ未収録のコミックが沢山あって、収録完成が何時になる事やら的感じですが・・・今は、『幻藏の昭和40年代新書版コミック自分勝手論モドキ』(仮名)を作成中ですが此れもまた・・・何時になる事やら。(^-^:)
 


2002. 5/ 4
 次々と落札したコミックが届いたぞ。
 ***サンワイドコミック*** 
 
『宇宙少年ソラン』全3巻 4800円 ヤットの事ゲット
 
『魔王ダンテ』  全2巻 1140円
 
『騒世記』     全1巻 620円
 ***別冊アクションコミックG***
 
『怪奇 日本の民話』 昭和44年 全1巻 2500円 雑誌サイズ(定価150円) 中々懐かしい香りがする・・・
 ***別冊家庭画報*** 
 
『妖怪まんだら 水木しげるの世界』 1997年発行 210円 貸本漫画紹介など・・・とてもお買い得(^-^)
 
 田植えも終わった事だし・・・明日は、恒例の山菜取りに家族全員で出かけよう。うーん・・・「ウド」を取るぞォォォォ。 
 
 
2002. 4/28
 Yahooオークションで、サンデーコミック最初の新書版『サイボーグ009』1巻表示無が出品されていたが競い負けてしまった。残念無念。最後の最後で逆転負けである。シクシク・・・
 しかし、大都社
『復刻版 鉄人28号』1巻と4巻の2点はゲット出来て「ホッ」としている。それが、先日届きましたよ。サンデーコミック版は所有しているのですが、鉄人26号と27号がどんなロボットだったのか、興味があったので入札する事にしたのです。うーん・・・こんなロボットだとは全然知りませんでした。(^-^) やっぱり、28号が1番かっこいいですね。(^-^)
 只今、サンワイドコミック4冊と水木作品アクションコミック別冊を入札しているのですが何冊ゲット出来るのかチョット心配です。
 

2002. 4/20

 今日は、田圃頑張ったぞぉぉぉ。

 と言う事で先程古本屋に行った。うーん・・・素敵な出物がありましたぞ!! 一生懸命頑張った後は何故か確率がいい。
**サンコミック 
『黒ベエ』1巻昭和55年5版 300円 
 サンコミックならではの黒の表紙・・・そそられます。再版でもアット驚く嬉しさでした。うーん最高。(^-^)
**リム出版  
 『8マン』 2巻1989年初版  100円 
 何て値段だ!! 私が「まんだらけ」で再版を800円で購入しているのに・・(^-^;)  所有しているのについつい買ったしまったぞ。でも、嬉しいナァァァァ。
**サンデーコミック 
『虹をよぶ拳』 2・3・5・6巻初版・再版混ざり 各300円 チト高い。
**チャンピオンコミック 
『マカロニほうれん壮』1・2巻再版・初版 各200円 懐かしさに購入。
**J C 
『ミストストーリー』 1994年再版 150円 永井豪作品
**YJC 
『残像』 1982年初版 150円 星野之宣作品
 ついつい、沢山買ってしまった。しかし、佐渡での桑田作品ゲットは初めてでした。

 サイトで購入したコミックが次々届いた。
***「まんだらけ」Web店舗***
 キングコミック 
『スーパー太平記』 全1巻 昭和42年初版??  
    何故か、キングコミックは始めての所有だ。実にそそられる作りに、唯・感動。ゲットしてよかった。
 サンワイドコミック 
『怪奇大作戦』 全1巻 昭和60年再版
             
『デスハンター』 全2巻 昭和60・61年初版 
    エイイチさんのHpを見てトテモ欲しくなり・・・素敵です。『エリート』も何時の日か・・・
***Yahooオークション***
 サンワイドコミック 
『イナズマン』 全3巻昭和60年初版 3100円
    SSC版で未収録だった最終話(切り取りで所有)が収録してある。ヤッタァァァ。
 サンワイドコミック 
『ミュータントサブ』 全2巻昭和59年初版 2000円

 うーん・・・サンワイドコミックは作りが妙にそそられてしまう。癖になりそうだ。
 そんな訳で、オークションで同じ所からサンワイドコミックが出品されていまして、上記の他に『宇宙少年ソラン』『少年忍者部隊月影』『電光エスパー』等があり、ゲットしようと、ギリギリまで粘りましたが・・・敗れて購入出来ませんでした。シクシク・・・何時の日か・・・きっと!!


2002.4/14
 絶版漫画収集の1つの大きな楽しみとして「定価以下の購入」があげられる。
 昔は、定価以上で購入する事に違和感を覚えていたが・・・最近は、感覚が麻痺してしまった感があり自分自身反省しなくては・・と思っている。本当かなぁぁ。()笑()
 現在は、大きな書店に行けば大抵の、新刊コミックは揃っているし、無ければ「amazon」サイトで購入できる。しかし、臍曲がりな小生、あのテカテカした復刻版やピカピカした復刻コミックに当時の雰囲気が感じられず、読むことが出来ないのです。でも、購入してしまうのですが・・・
 小生の収集している昭和40〜50年代の絶版新書版コミックも、今は古本屋サイトや「まんだらけ」で結構な価格で・・殆ど購入できる様になってきた。うーん・・でも、喜びがイマイチの感がある。お金をかければ何でも揃ってしまうところが臍曲がりな小生の「収集道」に反しているような気がするのだ。
 小生の「収集道」って一体何だろう・・・。
 その道の達人から比べると殆どお宝コミックは有りませんが・・・原点に戻ってみると、書店でも、古本屋・貸本屋・リサイクル店でも良いのです。「ポッン」と小生が見つけるまでそこで佇んで待っている、そんなコミックを見つけた時が一番の感動なのですよ。少しくらいヨレヨレでも年期が入っていても、そんなの関係無いぞ・・・しかも、「定価以下」で・・・現在はここが一番難しい。まだ地域的に都会から比べるとチャンスはあるのですが・・・。(^-^)

 
長々と講釈をたれてきましたが・・このホームページを開局して早1年が経とうとしている。小生、色んな趣味を持っていまして(体に良い趣味は田圃くらい)、その中でもパチンコは、殆ど病的依存症・・中毒でした。金はかかるわ、体に悪い。何回か書き込みで「20年以上コミックと疎遠になっていました」・・これは、実はパチンコが原因なのですよ。当時は、「ストレス発散にはパチンコが一番!お金は二の次」と・・・今考えると余りに説得力の無い言葉ですが・(爆笑)・・でも、このHPで20年来の依存症から開放されました。その分を絶版漫画コミック収集に充てるつもりでしたが、予想以上に出費が掛かってしまったなぁぁ。(^-^:)
 と言う事で、一周年記念として『平成13年度絶版漫画コミック収集・感動ベスト10』を書き込みします。

1位 サンコミック
G C
K C
「鬼太郎のベトナム戦記」「あかんべー天使」・等
「リボンの騎士」「ジャングル大帝」・等
「悪魔くん」・等      計 62冊
 ○○先生より大事にしていた昭和40年代のコミックを譲り受ける。全巻美本である。 web
2位 サンデーコミック 超犬リープ EasySeekより購入 web
3位 サンコミック ゲゲゲの鬼太郎 全12巻初版 佐渡の古本屋で驚きの500円
4位 サンワイドコミック 超犬リープ 全2巻 まんだらけ大阪店
5位 サンコミック 妖怪水車 まんがのさんぽみち web
6位 桜桃書房 水木しげる貸本傑作大全T・U全10巻 Amazon  web
7位 G C 忍法秘話 全8巻 初版帯付 翠光堂書店 web
8位 ダイアモンドC 赤いトナカイ キララ文庫 web
9位 KCM ゲゲゲの鬼太郎 全17巻初版
河童の三平 全5巻初版  
佐渡の古本屋で1冊100円
全部で2300円
10位 奇想天外文庫 聖凡人伝 全10巻 ひるあんどん 全4巻
よろめき動物記 全1巻
佐渡の古本屋
各一冊50円と100円

 うーん・・・小生の収集道に殆ど反した購入でしたが、一生忘れられない濃縮した一年であったことは間違いないでしょうね。

2002. 4/10
 最近は、Yahooオークション(コミック)と「まんだらけ」のサイトとWeb店舗に嵌っている。
 Yahooについては、4月15日から出品や販売でお金を取られるそうで、出品の数が減少する事が危惧され小生にとっては残念の一言である。登録(月280円)辞めようかなぁぁ。その代わり、「まんだらけ」のWeb店舗が楽しみになってきた。気軽に探求コミックを書き込み店内の在庫を確認してもらえる。うーん・・・感動ものである。此れで欲しいコミックは殆ど購入出来るのではないか・・・と、思われる。しかし、この「まんだらけ」の
真贋鑑定掲示板』・・・凄い事になっていますネェェ。社長(古川氏)とお客??(敵対古本屋??)の仁義ない言い争い・・・まるで大人と子供の口喧嘩??の様な状態でした。どっちが大人か??どちらとも子供か小生にはどっちでも良いのですが・・・愛好家としては、とても寂しくなってきますね。興味のある方は・・http://www.mandarake.co.jp/index2.html

 話は変わりまして、サイトで購入したコミックは
 
**Yahooオークション**
 パワーコミック 桑田次郎
『怪少年ジュン』 昭和54年 初版 2500円   4月8日着
 
**「まんだらけ」Web店舗**
 サンワイドコミック     
『怪奇大作戦』  3000円 『デスハンター』全2巻 4000円
 キングコミック  手塚作品 
『スーパー太平記』 1500円              4月??日着予定 楽しみである。(^-^)


                                      
TOP